活動報告

コラム~所長の独白~第1回「資格制度について」

2022.2.3

コラム~所長の独白~

第1回 令和4年2月

「資格制度について」

日本においては、いろいろな資格があるが、ビジネスを考えると

税理士資格と不動産鑑定士資格の組み合わせが一番合っている。

税理士資格は、企業の税務を見ることとなるが、

会社の経営に参画し、会社中心として世の中を考えるミクロの分野である。

一方、不動産鑑定士の資格は、マクロの世界である。都市、世界を俯瞰して考えることが要求される。

若い人は、税理士だけとか不動産鑑定士だけに勉強を終わらすことなく、

いろいろな資格を取り、人脈を広げることが肝要である。

私は、税理士仲間においては、鑑定評価の仕事をアピールし、

不動産鑑定士仲間においては、税理士業務の仕事に営業をかけている。

代表・税理士 下﨑 寛


一覧へ戻る